弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

『よこまち余話』

b0206085_8314640.jpg
相変わらず新幹線での出張が多い今日この頃ですが,新幹線車内で,木内昇さんの『よこまち余話』を読みました
小説を読む楽しみは,文章を味わい,文章から浮かび上がるイメージを堪能することと思いますが,その意味では,この本は小説を読む最上の楽しみを与えてくれました.
今年1月に発行された本ですが,すでに古典の趣があります。
できるかぎり時間をかけて,ゆっくり読みたい本です.

「路地は幅一間ほどで、東西に細く伸びている。東の端には一対の銀杏に両脇を護られた石段があり、その先は天神様のお社へと続いていた。反対側、西の突き当たりは御屋敷裏の土塀だ。」

この路地は生と死が交差し,妖しが出現します。


- 能には行っても、彼らに踏み込んじゃあ駄目だ。
- 彼岸の世界に関われば、酷いことになる。



「彼女の背筋は、頭のてっぺんを見えない糸で吊られているように、いつでもついと伸びていた。」「お針子を生業としている。」「歳の頃は三十半ばか、それより上か。四十までには届かないだろう。」という齣江さんが謎の主人公です.
少年浩三君を道案内役に,妖しの世界を覗いてみませんか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
# by medical-law | 2016-12-03 08:30 | 趣味