弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療事件の弁護士費用について

b0206085_943347.jpg

写真は,ハウステンボスです.

弁護士費用については,かつては弁護士会の報酬基準がありましたが,今は各法律事務所ごとに報酬基準の定めがあり備置されています.

各法律事務所ごとに,弁護士報酬基準とその考え方が異なります.
とくに医療事件は,弁護士によって,やり方も,かかける時間も異なり,誰が担当しても同じ結果になるとは言えません.どの弁護士でも同じサービスが提供される,というわけではないことに注意してください.

谷直樹法律事務所の弁護士費用の考え方をご説明します.

1 相談料

一般には相談料は,「30分5250円」が多いのですが,医療事件の相談が30分で終わることはありませんので.谷直樹法律事務所では「1時間10500円」としています.
なお,最近は「初回相談料無料」とする法律事務所もありますが,当事務所は,今でも相談のお申し込みが多いので,「初回相談料無料」とすると相談までかなりお待たせすることになりご迷惑をおかけしますので,「1時間10500円」(消費税含む)としています.

2 調査手数料

診療記録の入手方法は,証拠保全とカルテ開示があります.証拠保全はカルテ開示より時間・労力を要するので,「証拠保全+調査」と「調査のみ」で料金を分ける法律事務所もあるようです.しかし,①調査には100時間以上を要すること,②証拠保全に要する時間は10時間を超える程度であること.③事案により調査に要する労力.時間に差がありますが一定金額としていること,などから,谷直樹法律事務所では「証拠保全+調査」と「調査のみ」で料金を分けることなく,一律「315000円」(消費税含む)としています.

3 交渉・医療ADR着手金

法律上請求できるのは,権利に基づいて強制できるものだけです.真実解明を求める,謝罪を求める,などは,法律上請求できません.そこで,医療事故の被害者は,法的責任を明らかにしたいと思えば,金銭賠償請求手続きを行うことになります.
医療事件は困難な事件ですから.他の事件のように,賠償請求金額に近い金額の賠償が得られる見込みは高くありません.最高裁判所の調査によると医療事件の勝訴率は25.3%(平成21年)です.
そこで.医療事件の場合,他の事件のように,賠償請求金額をもとに着手金を算定することは,合理的ではない,と考えます.
そこで,谷直樹法律事務所では交渉.医療ADR着手金を一定金額としています,
交渉.医療ADR着手金は,「105000円」(消費税含む)としています.

4 訴訟着手金

医療事故の被害者が,金銭賠償請求手続きにのせて,法的責任を明らかにする意図で裁判を行おうとするとき,実際に手に出来るか不確実な賠償請求金額をもとに着手金を算定することは,合理的ではない,と考えます.
谷直樹法律事務所では,訴訟着手金を一定金額としています.
訴訟着手金は,「525000円」(消費税含む)としています

5 報酬金

賠償金が現実に得られた後は,賠償金に連動して報酬を定めるのは合理性があります.
交渉,医療ARDでは15%としています.
訴訟は,格段に労力と時間がかかりますので,金額に応じて15~20%にしています.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回有効で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-22 09:44 | 医療事故・医療裁判