弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療問題弁護団の研修

b0206085_10164419.jpg

写真は,長崎のドンドン坂です.(上り坂です.)

私は,医療問題弁護団の副幹事長と班長をつとめています.患者側で医療事件を取り扱おうとする弁護士は,医療問題弁護団にはいって,研鑽を積むのがよいと思います.もちろん,医療問題弁護団に入っただけで,研修にでないようでは.何にもなりませんが.

19日「解決事件報告会」,20日「病院見学」,25日「基礎研修 勝てる訴状とは!」と医療問題弁護団の研修がありました.それぞれ,充実した内容でした.

昨日の「基礎研修 勝てる訴状とは!」では,私もお話をさせていただきました.
訴状というのは.訴訟を提起するときに,原告(患者)側が裁判所に提出する書面です.
最小限必要なことだけを書けば足りるというものではなく,積極的に,事実経過,機序,医学知見,義務違反,因果関係などについて書き込み,裁判所を充分説得できる内容がなければなりません.そのためには,時間と労力を惜しまない充実した調査,準備が必要で,書面作成のスキル,工夫も重要となります.
訴状を見ると,患者側代理人の力量がわかるのではないでしょうか.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回有効で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-26 10:21 | 医療事故・医療裁判