弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

飼っていた犬の話(2)

b0206085_13174875.jpg

母に拾われ自宅で飼われ始めたタヌキに似た子犬は,シェットランドシープドッグ(シェルティー)種系の雑種であったようで,大きくなるにつれて,毛並みや性格に,シェルティーらしい特色が出てきました.

シェルティー種の犬は,比較的よく吠え,ジャンプが得意な犬が多いようです.
うちの犬も,よく,誰に教わったわけでもなく,家の庭で,ひとりでジャンプの練習をしていました.

成長とともに跳べる高さも高くなり,助走をつけたり,三角跳びなどの工夫もしていて,2メートルほどある家の敷地の塀を飛び越えそうな勢いになっていきました.

ある日,ついに家の塀を飛び越え,勝手に出ていった犬が帰ってこなくなり,家族で必死に探しに行っても見つからなかったことがありました。ご近所にご迷惑をかけてはいけない,何か事故にでも巻き込まれたのでは,ととても心配しました.

数時間探しましたが,見つからず,途方に暮れて家の近くの散歩コースであった緑道のベンチに座ると,どこからか,か細い声で鳴く聞き慣れた犬の声が….

見ると緑道の脇の田圃が,がさがさと揺れています.
なんと,水を張られた田圃に落ちて,上がって来れなくなっていたようで,名前を呼ぶと,喜んで泥田の中を駆けてきました.
なんとか,泥だらけの犬を引き上げて救出し,数時間悪戦苦闘していたらしく,さすがに少し弱った犬を,どろどろになりながら抱いて家まで帰りました.

事務局I
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回有効で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-27 13:18 | 動物