弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

わたしの音楽遍歴(6)~欲しい物は手に入れる編~

b0206085_828284.jpg

私が入部した軽音楽部では,1年生のうちは好きな曲をコピーして演奏して良いのですが,
2年生の終わり頃には,自分達でオリジナル曲を作り,3年生の夏にある大会で賞を狙うという慣例がありました.

今まで作詞作曲なんてしたことがありませんので,方法も分からず,とりあえず適当にギターを弾きながら鼻歌を乗せていくという方法で何曲か作ってみました.
初めて作った曲はすぐにお蔵入りしましたが,今でも思い出すとはにかんでしまうような,メロディも歌詞も高校生らしい,甘酸っぱい曲でした.

なんとか大会用に曲を作り上げ,大会に向けたパフォーマンスも現役バンドマンのコーチに絞られながら練習しました.
「インパクトがなければ観客の心に残らない」
「話をするときに人の目を見るのと一緒で,観客を見て演奏しないと何も伝わらない」
「見ててつまらないんだけど,弾いてて楽しいの?」
など,厳しい言葉を言われながらの特訓の日々でしたが,その日々を乗り越え,3年生の夏に,全曲オリジナルでの出場を果たしました.

結果は,審査員特別賞.
腱鞘炎になるほど楽器をかきならし,苦労して作り上げたものが評価されたことがとても嬉しく,メンバー全員で抱き合って涙を流しました.
見に来てくれていたコーチ達にも,笑顔で褒めていただいて,また涙がこぼれました.
その日撮った写真はどれも,メンバー全員,涙で化粧が落ちて,目の周りが真っ黒です.
あれが私の青春だったなぁと思います.

それからも各種大会に出場し,
審査員に元プリンセス・プリンセスのドラムとベースの方がいて握手していただいたり,
クレイジーケンバンドのリードギターの方に,弾きっぷりが良い,と褒めていただいたり,
ライブハウスの経営者にライブに誘っていただいたりと,中身の詰まった高校生活を送ることができました.

がむしゃらに毎日生きていたあの頃にはもう戻れませんが,あのときは,「努力すれば絶対なんでも手に入る」と自分に言い聞かせていたことを思い出しました.

事務局H
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回有効で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-12-13 08:31 | 趣味