弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

平成22年医事関係訴訟10月までの速報値

b0206085_1604621.jpg

Japan Medicine12月20日号に「医事関係訴訟、前年を上回る勢い」という記事が掲載されていました。

最高裁判所医事関係訴訟委員会は,Japan Medicineの取材に答えて,医事関係訴訟について2010年1~10月の速報値を明らかにしました.

全国の裁判所で
新たに受け付けた件数:666件
既済件数:754件
うち和解402件(53.3%),判決257件(34.1%)
平均審理期間:24.3月

医療裁判の提訴は,
1110件(平成16年)
999件(平成17年)
913件(平成18年)
944件(平成19年)
877件(平成20年)
733件(平成21年)
と減少傾向にありました.
平成22年は,10か月で666件ですから,
昨年を上回るものと予測されます.

裁判所で審理されている医療裁判は,年々減少しています.
平成22年10か月で,666-754=-88と,すでに88件減少しています.

審理期間は,25.2月(平成21年)が,さらに24.3月に短縮しています.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回有効で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-12-23 16:03 | 医療事故・医療裁判