弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療紛争を適正に解決するために

b0206085_1437348.jpg

医療紛争を適正に解決するためには,(1)患者側が事実を知り医療側と共通の事実を認識をもつことと(2)医療側と実りある話し合いの場をもつことが必要です.

事実を知り共通の認識をもつためには,たとえば,次の方法があります.

①医師に説明を求める
②カルテ開示を求める
③事故調査委員会設置・事故調査を求める
④死亡時画像診断,解剖を依頼する
⑤患者会に入り,病気・治療等についての情報を入手する

実りある話し合いの場をもつためには,たとえば,次の方法があります.

①疑問点を整理する
②時間をとってもらい,病院と話し合いを行う
③弁護士会等の医療ADRを申し立てる,(病院が防衛的になっていて,話し合いの場がもてないときには.話し合いの場として医療ADRが活用できます.) 

これらの解決手段は,代理人弁護士を必要とせず,患者.家族ご自身でできますし,医療側が誠実に対応すれば,それで解決に至るはずです.
なお,もし疑問があれば,医療事件に詳しい弁護士は,金銭補償を念頭においた裁判手続きだけではなく,裁判外の解決手段を熟知していますので,弁護士に相談するとよいと思います.

また,不幸にして,医療側の対応が防衛的で,事実を明らかにしようとしない,話し合いに誠意がみられない,などの場合には,弁護士による証拠保全・調査も解決手段の1つとなるでしょう.
すみやかに適正な解決を実現するためには,医療事件に詳しい弁護士に早期に相談することをお奨めします.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-12-31 19:07 | 医療事故・医療裁判