弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

B型肝炎訴訟,札幌地裁和解案提示

b0206085_18543529.jpg

B型肝炎訴訟で和解案、未発症50万…札幌地裁」と読売新聞は報じました.

 「乳幼児期の集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが全国10地裁で国に損害賠償を求めているB型肝炎訴訟で、札幌地裁の石橋俊一裁判長は11日、和解協議で国側、原告側双方に和解案(所見)を示した。
 最大の争点だった未発症の持続感染者(キャリアー)の救済については1人当たり50万円、発症者には1250万~3600万円の和解金を、それぞれ支払うよう国に求めた。国側と原告側の主張の中間ラインを提示し、歩み寄りを促す内容で、18日の次回協議で双方の意見を求める。
(2011年1月11日18時05分 読売新聞)」

 肝炎は(金額はともかく)被害者である未発症感染者への賠償なしではすまない話なのです.
 感染していても未だ発症していないから賠償しなくていい,という国の考え方は,裁判所には通用しないということなのです,

 谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-11 18:32 | 医療事故・医療裁判