弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

田辺三菱製薬とコンプライアンス(続き)

b0206085_20511762.jpg◆ 前年同期比20%増

田辺三菱製薬(本社:大阪市)の2010年4~12月期決算は,連結純利益が前年同期比20%増の392億円だった,と報じられています.1月29日日本経済新聞「開発費減少で純利益20%増 田辺三菱、4~12月」)
「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」というやりとりがあったかは知りませんが,結構な数字です.田辺三菱製薬は,利益をあげることについては優良企業です.

◆ コンプライアンス

田辺三菱製薬は,コンプライアンスについて,ホームページに次のとおり掲載しています.

「企業の持続的発展の土台となるものは、企業倫理と遵法精神に基づく企業活動の健全性です。田辺三菱製薬グループでは、役員・従業員が実践すべきコンプライアンスの基準(コンプライアンス行動宣言)と推進のための制度を定め、コンプライアンス推進委員会を中心とした推進体制を構築しています。」

◆ コンプライアンス行動宣言

「生命関連企業に従事する者として、社会からの信頼に応えるため、役員・従業員一人ひとりが実践すべきコンプライアンスの基準である『コンプライアンス行動宣言』を策定し、冊子にして配付しています。」ということなのですが・・・

その「コンプライアンス行動宣言」の第1項を紹介します.

「私たちは生命関連企業に従事する者として、高い倫理観をもって行動します
1-1 製薬企業としての社会的責任を自覚し、コンプライアンスを推進します
1-2 患者さんをはじめ社会の人々の信頼に応えます
1-3 有効性・安全性に十分配慮した、高品質の製品を提供します
1-4 生命倫理・動物福祉に配慮して研究・開発を行います
1-5 試験・調査の倫理性とデータの信頼性を確保します
1-6 医薬品の適正な使用をめざし、有効性・安全性・品質等の情報を的確かつ迅速に提供します」


実際に,このように行動していればよかったのですが.
企業の持続的発展のためには,どうしてコンプライアンスに反する事態が続いてるのかを検証し,有効な対策を実施することが必要でしょう.

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
谷直樹
by medical-law | 2011-01-30 18:24 | コンプライアンス