弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

子どもの終末期医療の指針案

b0206085_1029854.jpg

2月26日の「第8回日本小児科学会倫理委員会公開フォーラム」にむけて,すでに毎日新聞が1月27日「末期医療:子どもの意思尊重 小児科学会が指針案作成、『治療中止検討』明記」と報じていましたが,今日2月3日,NHKも,「子どもの終末期医療の指針案」と報じました.

「重い病気で回復の見込みがない子どもの治療方針を決める際に、保護者と医療スタッフがどのように話し合いを進めるべきか示すガイドラインの案を、日本小児科学会の作業グループが作成しました。

これは、日本小児科学会の終末期医療ガイドラインの作業グループが作成したもので、『治療方針の決定は子どもの最善の利益に基づく』などとする基本精神をはじめ、話し合いのあり方や治療の中止の検討などについて、11の原則を示しています。この中で、保護者や医療スタッフなどは、生命を維持する治療の差し控えや中止を提案できるとしたうえで、限られた医療スタッフによる独断を避け、透明化を図るため、話し合いの経過や内容は記録に残すとしています。こうした原則が実際の決定に反映できるよう、具体的な手続きを一つ一つ確認するためのチェックリストも提案されています。一方で、話し合いの過程が最も重視されるべきだとして、対象となる病気の種類や進み具合、また、治療を控えたり中止したりする基準については示しませんでした。作業グループの委員長を務めた加部一彦医師は、『透明性を確保して全員で決めるという当たり前のことがしっかり行われるきっかけにしてほしい』と話しています。日本小児科学会では一般にも意見を求めたうえで、最終的なガイドラインをまとめることにしています。」(NHK)

話し合いの過程が最も重視されるべきだ,というのは,正論です.
話し合いを真に内容のあるものにするために,ガイドラインが作成され,活用されることを期待します.

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-02-03 10:45 | 医療