弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

佐賀地裁平成23年3月25日判決(高濃度酸素治療中の火災)

b0206085_23494281.jpg平成18年11月22日夜,佐賀大医学部付属病院に気管支喘息で入院中の重度の身体障がいのある患者(当時10歳)の顔に治療用の高濃度の酸素が吹きかけられていたところ,毛布が燃え,患者が頭や手足などに重い火傷を負った事案です,

患者側は,患者と毛布の間に治療用酸素がたまり,静電気で火災が起きた,とし,安全配慮義務違反を主張しました.

佐賀地裁は平成23年3月25日「火災の原因は不明で,安全配慮義務違反があったとは認められない」とし,請求を棄却しました.

毎日新聞平成23年3月26日「佐賀大病院ぼや:やけど損賠訴訟 原告の訴えを棄却--佐賀地裁 /佐賀」ご参照

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ164サイトの順位のページに移動します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-04-16 23:44 | 医療事故・医療裁判