弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本政府の放射線量基準は安全ではない,米国「社会的責任のための医師の会」

b0206085_23371441.jpg明日5月5日は,子どもの日です。

4月20日のブログ「文部科学省の基準で子どもを守れると思いますか?」の続きを書きます.

◆ 米国の「社会的責任のための医師の会」

日本政府が子どもの屋外活動制限の放射線量基準を年間20ミリシーベルトを目安として設定したことを,小佐古敏荘氏ですら批判し,参与を辞任しましたが.その後も,日本政府は,考えを変えていません,

米国の「社会的責任のための医師の会(PSR:Physicians for Social Responsibility)」は,4月29日(日本時間5月1日),「There is no way that this level of exposure can be considered "safe" for children.」(年間20ミリシーベルトを安全と考えることは到底できない),とする声明を発表しました.

this dose for children exposes them to a 1 in 200 risk of getting cancer. And if they are exposed to this dose for two years, the risk is 1 in 100.」(この被曝量(年間20ミリシーベルト)は、子どもの発がんリスクを200人に1人増加させ,この被曝量が2年続くと,子どもの発がんリスクは100人に1人となる)

と指摘しています.

PSRは1985年にノーベル平和賞を受賞しています.

PSR Statement on the Increase of Allowable Dose of Ionizing Radiationto Children in Fukushima Prefecture」ご参照
西日本新聞「学校放射線基準は「安全でない」 ノーベル賞受賞の米医師団」ご参照

◆ 日本の医師団体

日本では,「核戦争に反対する医師の会(PANW)」が,3月16 日,「看過できないことは、テレビをはじめとする報道機関が、原発の放射能汚染の危険をレントゲン撮影の放射線量と比較するキャンペーンをしていることです。ウラン、プルトニウム、セシウム、ヨードなどの放射性同位元素による原発汚染の危険性を無視することは容認できません。」とし,政府と東京電力に以下の「福島原発事故についての声明」を出しています.

1、福島原発事故に関わる正確な情報を迅速に収集し速やかに公表すること。
2、事故処理に全力を傾け事態の拡大を防止すること
3、国内備蓄のヨウ素剤の活用など、住民の被曝拡大防止と被曝者にたいする適切な治療を迅速におこなうこと。


日本医師会,医学会等の団体は,東京電力と政府の対応について,「安全」とは言えないと.積極的に発言すべきだと思います.

◆ 阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記

福島県川内村在住の作家鐸木能光さんは,4月30日,「今になっての年間20ミリシーベルト論争が非常に空しく聞こえる」と阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記に書いています.

「原発作業員でさえ年間50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルトを超えないと決められているのですから、子供の被曝量が年間20ミリシーベルトでもよいという今回の見解が批判を受けるのは当然です。

しかし、実際に今、福島原発周辺ではどうなっているのかといえば、子供も大人もとっくにその規模の線量を被曝しているのです。」

「こうした現実を前にして、今になっての年間20ミリシーベルト論争が非常に空しく聞こえるのは私だけではないでしょう。」


「SPEEDI」のデータで,甲状腺に溜まったヨウ素による内部被曝のみをシミュレートしただけで,ひと月ちょっとで,すでに20ミリシーベルトなどという数値はとっくに超えているので,いまさら何を言うか,ということなのです.

鐸木能光さんは,次の通り書いています.
「最初の段階で飯舘村、浪江町、葛尾村、南相馬市、川俣町に避難命令を出していれば、どれだけの人が被曝から逃れられただろうと思うと、返す返す残念でなりません。北西方面の人たちが被曝することを分かっていながら、国や県はなんの警告も発しなかったのです。これは未必の故意による殺人に等しい犯罪行為です。」

「政府にできることは、とにかく正直になること。
すべて正直に告白し、報告した上で、「数値上ではこんなに大変なことになっていますが、私たちはこの現実を受け入れた上で、具体的にどうしていくのがいちばんいいことなのかを考えていかなければなりません」と声明すべきです。」


阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記 ■ 20ミリシーベルト論争の虚しさ 」ご参照

政府は,安全であると嘘をつき問題を回避するのではなく,安全でないことを認めて,ではどうするか,と問題を解決しなければならないのです.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ166サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-04 23:43 | 脱原発