弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

ガーゼ残留事故の和解報道(350万円)

◆ 事案

鳥取県立中央病院で,平成6年に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた患者が、腰に痛みを感じ,2010年7月に鳥取大病院で腰の手術を受けたところ,親指大に丸まった,直径数センチの大きさの手術用のガーゼ1枚が体内から見つかりました.

b0206085_22181644.jpg◆ 和解

県立中央病院を管理する鳥取県は,ミスを認め賠償金350万円を支払い和解する,とのことです.

◆ 過去にも同様の事故

県立中央病院では,2011年1月にも,鼻の手術を受けた患者の体内におよそ3か月間ガーゼが残されていたことが明らかになったばかりです。
2004年にも.16年前のガーゼの置き忘れが判明しています.
2007年にも,シリコン製チューブ、2010年にもガーゼを取り残すミスがありました.

同病院は,以前はガーゼの枚数を確認していなかったそうで,再発防止のため,手術前後のガーゼの枚数確認の徹底に加え,レントゲン検査で発見できる鉛の成分が入ったガーゼを順次導入している,とのことです.

読売「体内にチューブ・ガーゼ置き忘れ数回の県立病院」ご参照
朝日「体内にガーゼ置き忘れ、350万円で和解 県立中央病院」ご参照
産経「ガーゼ取り忘れで和解へ 鳥取中央病院」ご参照

異物残留事故は,枚数の確認など基本的な手順を守ることで防止できる事故です.
異物残留事故の賠償額は,1)残留物の材質,大きさ,2)体内から取り出すことが出来るか否か,3)痛みなど不具合発生の有無,程度により異なります.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-20 08:31 | 医療事故・医療裁判