弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

『医療裁判から医療ADRへ』

b0206085_17352982.jpg『医療裁判から医療ADRへ』(ぎょうせい)が,ようやく出版されました.

私も,第4章1節「患者サイドから見た医療ADRへの期待と意見」を書かせていただきました.

医療裁判より,使い勝手がよい医療ADRは,全国に普及しはじめています.
医事紛争の適正迅速な解決のために有用なものとなるよう,患者側から意見を書かせていただきました.
原稿を書いてからだいぶ年月がたっていますが,私の基本的な考えは今でも変わりません.

編著者の植木哲先生は,いわゆる千葉モデルの医療ADRを中心になって推進してきた先生です.

私以外の執筆者(本書執筆順※肩書き当時)は以下のとおりです.(敬称略)

植木哲(千葉大学名誉教授,朝日大学法学部教授)
西口元(前橋地方裁判所判事)
久保真一(福岡大学医学部法医学教室)
平井愛山(千葉県立東金病院院長)
田尻泰之(流通経済大学法学部准教授)
土居良雄(土居内科医院院長)
松村有子(東京大学医科研先端医療社会連帯研究部門所属)
北山裕子(千葉大学大学院人文社会科学研究科所属)
山下洋一郎(松本・山下法律事務所,弁護士)
石田瞳(千葉大学大学院人文社会科学研究科所属)
亀田信介(亀田総合病院院長)
太田幸夫(駿河台大学法学部教授)
小沢忠彦(茨城県医師会所属・小沢病院院長)

医療ADRをめぐりそれぞれの立場から多様な意見があることがわかります.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-23 17:27 | 医療事故・医療裁判