弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

堺市立堺病院、出産事故7000万円で調停成立報道

b0206085_8432522.jpg

平成23年5月25日のスポニチ「帝王切開遅れで7千万賠償「早く切開するべき」」は,以下のとおり報道しています.

 「堺市立堺病院で2007年、帝王切開が遅れ、生まれた女児が脳に重度の障害を負ったとして女児の母親らが損害賠償を求めていた訴訟で、市は25日、母親側に7千万円を支払うことで調停が成立したと明らかにした。支払いは4月28日付。

 病院によると、07年3月30日午前、母親(36)は診察のため来院。胎児心拍監視装置を装着し、経過観察していたが、来院から約5時間後、胎児の心拍が低下したため、午後3時半ごろ帝王切開した。女児は低酸素脳症と診断された。

 病院によると、他の医療機関にデータを見てもらったところ、「もっと早く帝王切開するべきだ」と指摘されたため、賠償を決定。帝王切開の時間と後遺症の因果関係は分からないという。」


提訴後,調停に付され,そこで調停が成立したということなのでしょう.
朝日新聞によると,病院の調査で意見を聞いた外部の産婦人科医10人全員が「監視装置をつけた時点で帝王切開すべきだった」と指摘した,とのことです.

10人も聞かなければ責任を認めないことに疑問も感じますが,本件の帝王切開の遅れが容易に認定できる事案であることは明らかです.
帝王切開の遅れは,医師の注意義務違反(過失)となります,
科学的に厳密な因果関係が完全に立証されなくても,「帝王切開の遅れ」・「低酸素脳症」・「重度の障害」が立証されれば,法的には因果関係があるものとして賠償責任を認めるのが通常で,適切です.本件は,因果関係の程度を考慮し,7000万になったものと考えられます.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-25 23:57 | 医療事故・医療裁判