弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

抗菌薬の処方,ガイドラインより経験重視の実態

b0206085_5283317.jpg

メドピアは,平成23年5月31日,抗菌薬の処方方針に関する調査結果を発表しました.
調査は4月18日~24日に実施.有効回答数は2295件.
約6割の医師が治療ガイドライン(以下,GL)よりも自身の経験に基づく処方を実施していたことがわかった,とのことです.

◆ 「自身の使い慣れた複数の薬剤を使い分けている」59%(1340件)

この回答医師のコメントは,以下のとおりです.

「GLに従うのがベストかもしれないが,院内採用薬の制限などから,どうしても使い慣れた薬剤の中から選択せざるを得ない」(40代,小児科)
「重症例や特殊や症例以外は使い慣れた抗菌薬を投与している。GLも気になるが病院採用薬の都合もありその通りにはいかない」(40代,一般内科)
「GL通りいくなら苦労はない。自分の使用経験をもとに使用」(50代,消化器内科)
「GLに沿うよう病院から言われるが,自分の使い慣れたものでないと不安なので経験を優先」(40代,一般内科)
「副作用出現の度合いとかは,使い慣れているとだいたい感覚でわかるので,使い慣れたものに偏っている」(30代,耳鼻咽頭科)
「研修医時代より上級医に教えてもらった抗生剤の使い方で投与している。それが概ねGLに沿っていると認識している」(30代,脳神経外科)

◆ 「GLに従って抗菌薬を使い分けている」28%(633件)

この回答医師からも,GLを基本に使い慣れた薬剤を処方しているとのコメントが多く寄せられました.
「GLを遵守し耐性菌の出現を避ける努力をすべき」との意見も複数.

ミクス「抗菌薬 経験重視の処方が半数超 採用薬などでGLに沿えず 医師調査

◆ 感想

使い慣れた薬が安心という気持も分からないではないですが,GLは多数の医師の経験と知見をもとに整備されてきたものですから,GLより経験優先の処方方針で,実際に治療効果があがり,耐性菌感染症を防止できているのか,問題がありそうです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-03 05:25 | 医療