弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

WHO警告,21世紀中に喫煙により10億人が死亡

b0206085_11223017.jpg

ロイターは,次のとおり伝えています.

「世界保健機関(WHO)は「世界禁煙デー」の31日、2030年までに喫煙による年間死亡者数が800万人に到達する恐れがあるとの報告書を発表した。
WHOは、今年は喫煙が原因で約600万人が死亡する見通しで、そのうち60万人は受動喫煙によるものだと推計。この傾向が続けば、21世紀中に喫煙により10億人が死亡することになると警告している。

喫煙者を減らすべく、WHOは各国政府に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(FCTC)」の締約を呼び掛けている。

2005年に発効した同条約は現在、172カ国と欧州連合(EU)が締約しているが、マーガレット・チャンWHO事務局長は声明で、単に条約に署名・締約するだけでなく、各国が禁煙への取り組みを強化することを呼び掛けた。」


ロイター「喫煙による死亡者数、年間800万人に達する恐れ=WHO」ご参照

こういうニュースに接すると,喫煙者は,反発することが多いようです,
それが,タバコ依存による「認知の歪み」なのです.

不安を感じつつ,タバコをやめられないと思っている人は,「喫煙による死」を突きつけるニュースを否定したくなるようです.

しかし,タバコは,意思が弱くてやめられないのはなく,ニコチン依存のためにやめにくいのです.
自己流で禁煙に失敗した人でも,禁煙外来で適切な禁煙治療を受ければ,タバコをやめられる可能性は高くなります.
やめる大変さは後のばしにしても減るものではありませんから,病気になってタバコをやめるより,病気になる前にやめた方がよいと思いますが,いかがでしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-03 08:47 | タバコ