弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

新潟県立加茂病院,内科医がCT検査結果を見ず患者死亡,約1965万円で和解

b0206085_7412976.jpg

◆ 事案

読売新聞「県立2病院の医療ミス県、計2765万円支払いへ」は次のとおり報じています.

「加茂病院では、三条市の60歳代の男性患者に2003年春、コンピューター断層撮影法(CT)で肝臓がんが疑われる検査結果が出たが、内科の担当医がカルテに張られた検査結果を見ずに放置。約1年8か月後、別の病院でがんの全身転移が判明し、男性は05年6月に亡くなった。遺族は08年、県に損害賠償を求め新潟地裁に提訴。県は裁判所が示した約1965万円を支払うとの和解案を受け入れる。」

内科の担当医が,カルテに張られた.肝臓がんが疑われるCT検査結果を見ずに,放置した事案です.

◆ 感想

私が以前担当した肝臓がんの見落とし事件でも,医師はカルテを見ていませんでした.胃がんの見落とし事件でも,医師は検査記録を見ていませんでした.
本来,検査記録の結果を見ないで,診療できるはずはないのですが...ときどきこういうことがあります.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ169サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-11 07:13 | 医療事故・医療裁判