弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

『ヴァレリー全集カイエ篇』

b0206085_23121169.jpg『ヴァレリー全集カイエ篇』をときどき読み返します.

断片的な文章が書き連ねられています.
しかも.編年ではありません.
当然わかりにくいところがあります.

それだけに,考えます.

読み進む本ではなく,立ち止まり,考え考え読んでいく本です.
読むときによって,立ち止まる場所もちがいますし,考える内容も異なります.

そのように『ヴァレリー全集カイエ篇』を楽んでいます.

例えば,「意識」を例にとると,
「意識が存在するための諸条件とはいかなるものか?」という問いから始まります.

次の問いは,「考えていることにたいして,考えていないことの及ぼす影響とはいかなるものであり,どの程度か?」

答えにくい問いです,いろいろなことを考えます.

素晴らしい言葉があります.

「すべて意識的なものはふたつの無意識にはさまれている.」(5 巻329頁)

「意識の最高度,世界の終り.」(339頁)

「ひとりでいるということは,自分といるということで,つねに「ふたり」なのだ.」(375頁)

「「思考」は思考するもの[主体]を覆いかくす.効果は機能をかくす.作品は行為を吸収してしまう.踏破された道は歩行を吸収してしまう-.ものを考える人は思考のうちに自分を認めない.自分の影や自分の手の影のうちに自分を認めない.」(383頁)

このような文章を読んでいると,ふだんの仕事では使わない脳の部分が使われている感じがします.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ169サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-12 22:59 | 趣味