弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

札幌市消防局,救急搬送指示ミスで病院到着10分遅れ,患者死亡

b0206085_8395331.jpg

◆ 事案

平成23年6月11日,「夫が『胸が痛い』と言っている」と119番通報があり,間もなく救急隊が到着し心肺停止状態の50代男性の搬送を始めました.
指令員は,救急隊に誤った搬送先を指示し,そのため搬送距離は約6キロ長くなり,病院到着が約10分遅れました。
指令員は「119番が相次いであり,混乱して間違えた」とのことです.
なお,死亡との因果関係は不明です.

◆ 感想

さぞかし御遺族は無念でしょう.

札幌市では,その前日6月10日に,救急隊が道を間違い,現場へ到着するのに約6分遅れた,とのことです.
横手市消防本部でも,6月3日,道を誤り,病院到着が10分遅れたと報じられています.
救急隊が道を誤るケースは,カーナビ等で解決できそうな気がするのですが.結構あるようです.

本件は,指示自体を誤ったケースです.
119通報が相次ぐことも当然ありますから,そのようなときでも,指令員が混乱せず的確な指示ができるよう,事故の経過を調べ,再発防止策を具体的に検討していただきたく思います.

毎日新聞「搬送ミス:病院名間違え到着遅れ、男性患者死亡 札幌」ご参照
朝日新聞「搬送先病院名を誤って指示 救急隊の到着遅れる」ご参照
毎日新聞「救急搬送ミス:横手市消防本部、80代女性患者を /秋田」ご参照


谷直樹

下記バナーのクリックを御願いいたします.弁護士ブログ172サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-14 00:03 | 医療事故・医療裁判