弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

b0206085_9953100.jpg事務局Hです.

仕事柄なのか,医療や病院をテーマにした本が好きで,

海堂尊さんの作品は,ミステリー要素も強く,特にお気に入りです.

現役の医学部教授が書いているだけあって,大学病院の体制や,国の政策への疑問など,主人公の田口医師を通じて,時に痛烈に皮肉られているところも,リアルで面白いのです。

海堂尊さんの作品の中で,「チーム・バチスタの栄光」や,その続編の「ジェネラル・ルージュの凱旋」は,映画にもなっているのでご存知の方も多いと思います.

その中の「ジェネラル・ルージュの凱旋」の映画版は,もう3回はレンタルしたお気に入りの一作です.
救命救急センター長の速水医師と,医療機器メーカーとの癒着をめぐり,リスクマネジメント委員会の田口医師が真相を究明していくストーリーなのですが,
なんといっても,堺雅人さん演じる速水医師が不敵で,繰り返し見てしまう理由はここにあります.

確かな技術に裏打ちされた自信と,常に冷静な状況判断。不敵な笑みの裏に隠された医療への情熱.
普段はおっとりしているイメージの堺雅人さんですが,演技力が光ります.

原作では,田口医師はクレバーで,院内では院長の懐刀と揶揄されている存在ですが,
映画版田口医師(設定は女性で,竹内結子さんが演じています)は頼りなく,他の医師から足蹴にされ,主役ながら存在感がありません.
田口ファンとしては残念なのですが,だからこそ,映画版速水医師の存在感が際立つのかな,とも思いました.

谷直樹法律事務所
下記バナーのクリックを御願いいたします.
弁護士ブログ175サイト中の順位がわかります.


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-20 09:10 | 趣味