弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

玉蜀黍

b0206085_13425232.jpg事務局Hです.

私が通った中学・高校は,女子大付属の学校で,国語教育に力を入れていることで他校からも有名な学校でした.

その授業内容は高度で,中学受験時代は国語の偏差値が70前後あったことを自慢に思っていた私でしたが,高い鼻をあっけなくへし折られたことは,人生初の挫折経験でした.

国語の教科書は使わず,教材は文庫本で,扱う作家も幅広く,最近のベストセラーから近代文学まで,ありとあらゆる本を読みました.
また,授業とは別に,年間十数冊指定され,ことある毎に感想文を提出するシステムになっていました.

授業が文庫本で進みますと,試験範囲も文庫本数冊,ということになるので,
漢字の書き取りも文庫本数冊分,しかも,文中に用いられる当て字も網羅せねばならなかったため,特に当て字が多い近代文学は,試験勉強がとても過酷だったことを覚えています.
「玉蜀黍」という漢字は,当時の試験以外で書いたことがありませんし,「しんとして幅広き街の秋の夜の玉蜀黍の焼くるにほひよ」(一握の砂)以外に見たことがありません.今後も書く気がしません.

講演会も年に数度あり,赤川次郎さん,大江健三郎さん等,著名な方のお話を生で聞く機会に恵まれました.
演者には松岡修造さんもいたので,バラエティに富んだ贅沢な教育だったのだな,と今になって思います.

谷直樹法律事務所
下記バナーのクリックを御願いいたします.
弁護士ブログ175サイト中の順位がわかります.


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-06-27 13:44 | 日常