弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療版事故調を考える(2)

b0206085_131357.jpg◆ 医療行為無責論

事故調査委員会が専門性,公平性,透明性の確保を旨とすべきことは,(1)で述べたとおりです.

これに対し,「専門性」に重点をおく考えも医療側にあります.
医療に素人の裁判官が判断する刑事手続きで医師が処罰されるのは不当であるから,医師の診療行為を業務上過失致死傷罪の適用から外す,せめて重過失がある場合のみ限定する,という主張がされることがあります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 刑罰の目的

刑罰には,3つの目的があるとされています.

第1は、報復です.近代刑法は,私的な仇討ちを許さず,代わりに国家が犯人に制裁を与えます.悪いことをすれば,それ相応の報いを受けます.国民が犯罪に対し刑罰を求めるのは,この考えに基づきます.

第2は,一般予防です。一罰百戒により犯罪を予防しようとするものです.

第3は、特別予防です。その犯人を矯正して社会に戻すことで,犯罪を予防します.

過失犯の場合も,基本的に同様です.
業務上過失致死傷の被害者の私的報復を許さず,国が代わって処罰することで社会秩序が保たれます.業務上過失致死傷を処罰することで,社会に一定の犯罪予防効果が期待されます。交通刑務所では,再犯防止のための教育がなされます.

医療行為に基づく業務上過失致死傷についても,基本的に同様です.ただ,罰金刑が大半で,刑務所で再発防止の教育がなされることはありません.

◆ 医療行為無責論について

医師の医療行為だけが特権的に刑事無責とされることは,まずありえないでしょう.
運転行為だけ業務上致死傷罪が適用されない,という考えが国民から支持されないのと同様に,医療行為だけ業務上致死傷罪が適用されないという考えを,国民が支持するとは思えないからです.
(なお,自動車運転行為を業務上致死傷から外そうという主張が,タクシー業界からでてこないのは,交通事故には加害者・被害者の互換性があり,事故が増えるとタクシー運転手自身も被害者になるからです.ここが医療行為と違います.)

例えば,自院に勤務していた看護師に心臓カテーテル手術を実施し業務上過失により死亡させた事件,肝臓手術を実施し業務上過失により出血死させた事件(山本病院事件)などを刑事無責とするのは,適切とは思えません.

◆ 事故調査委員会と刑事裁判

専門性,公平性,透明性が確保された事故調査が必ずしも行われない現在の状況では,結果として的を得ない不相当な刑事手続きが開始される可能性があります.

専門性,公平性,透明性が確保された事故調査が行われるようになれば,刑事裁判の見通しがつきやすくなり,不相当な刑事手続きが開始されることは避けられるようになるでしょう.
また,刑事処罰の謙抑性,補充性から,事故調査,補償により被害感情が緩和され,一般予防,特別予防の目的が達成されていれば,あえて刑事裁判にすることはないでしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-09 01:08 | 医療事故・医療裁判