弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

苫小牧市立病院,気管切開でカニューレが適切に挿入されず死亡した件で示談

b0206085_19541740.jpg◆ 報道

北海道新聞「手術で女性死亡 500万円払い示談 苫小牧市立病院」(平成23年8月31日)は,以下のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「【苫小牧】苫小牧市は31日、同市立病院で昨年4月、市内の50代女性が気管切開手術を受けた際、「カニューレ(気管を切開して挿入する呼吸用チューブ)」が気管に適切に入らず、呼吸不全で死亡したと発表した。市は遺族に500万円を支払って示談が成立したことも明らかにした。

 同病院によると、女性は脳出血で意識障害を起こし、同病院に搬送され、血腫の除去手術を受けた。しかし、症状は改善せず、1週間後、口から気管に入れていた呼吸用チューブをカニューレに置き換える手術をした際、適切に挿入できなかったという。

 市は「重大な過誤、過失はなかったが、気管切開手術が死亡要因であることは確か」としている。示談は今年8月22日付。」


◆ 感想

「適切に」挿入できなかった,というのは,どういうことなのでしょうか,
鉗子で気管支壁を拡張したけど気管壁が固くて,カニューレが入らなかった,ということなのでしょうか.
「重大な過誤、過失はなかった」というのは,「重大ではない過誤、過失はあった」という意味でしょうか.
よくわかりません.

ただ,厳密にどの行為に過失があったのかを具体的に特定することはできなくても,気管切開を行って,カニューレが適切に入らなかった(入れられなかった)という事情から,補償をすべきというのは,常識的な考えだと思います.示談は適切だと思います.

なお,このようなことがあると,気管内チューブ留置を続けるか,気管切開をとるかを迷う患者家族もいるのではないでしょうか.医師によって考え方の違いもあるでしょうが,医師は少なくともメリット,デメリットの説明を丁寧に行うべきでしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-31 19:48 | 医療事故・医療裁判