弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

銀座眼科元院長に禁固3年求刑

b0206085_19573013.jpg2008年10月以降感染報告が続きましたが,銀座眼科元院長は消毒などの感染予防を行わず,その結果67人の患者が2009年2月までに感染しました.
また,元院長の説明,手術内容にも問題があったようです.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

元院長は,2019年12月7日逮捕され,同月27日業務上過失傷害罪で起訴されました.立件は7人の患者に絞り込まれています.今日,その事件の求刑がありました.

なお,医師を逮捕し,起訴することについては反対する意見もありますが,元院長は証拠隠滅を図っていましたので逮捕は正当で,また悪質な行為内容・重大な加害結果から起訴も相当と考えます.

◆ 報道

msn産経「レーシック手術集団感染 元院長に禁固3年求刑 東京地裁」(平成23年9月1日)は,次のとおり報じています.

「近視矯正のレーシック手術で患者7人に感染症を発症させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(閉鎖、東京都中央区)元院長で医師、××××被告(49)の論告求刑公判が1日、東京地裁(近藤宏子裁判官)で開かれた。検察側は「ずさんかつ軽率な診療を行い、過失は極めて重大」として、禁錮3年を求刑した。判決は28日に言い渡される。

 検察側は論告で、××被告が患者の増加に伴い医療器具の洗浄方法などを変更し、十分な滅菌を行わなくなったと指摘。昨年12月の逮捕前には関係者の口止めや証拠隠滅工作を行ったとして、「情状は悪質」と主張した。

 弁護側は最終弁論で、これまでに重大な医療事故を起こしていないことや被害弁償の意向を示していることなどを挙げ、寛大な判決を求めた。

 論告求刑に先立って、被害者参加制度に基づき、患者らによる被告人質問も行われた。利益優先で衛生管理が後回しになっていたことについて患者から問われ、××被告は「経営を続けるうちに、悪魔の気持ちが芽生えた」などと答えていた。」


◆ 感想

「被害弁償の意向を示している」というのは,事件が発覚してだいぶ時間が経っているのに被害弁償を未だに行っていないことを意味します.被告人が単に被害弁償の意向を示しただけでは,寛大な判決につながらないでしょう.
行為態様は悪質ですし,加害結果は重大ですので,元院長にはそれ相応の刑がふさわしいように思います.
厳正な判決を期待します.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-01 19:45 | 医療事故・医療裁判