弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京医科歯科大,研修医を懲戒解雇

b0206085_33236.jpgスポーツニッポン「東京医科歯科大 研修医を懲戒解雇 同僚女性の手術着盗んでお持ち帰り」(平成23年9月9日)は,次のとおり報じました.
 
「東京医科歯科大は9日、医学部付属病院の男性研修医(27)を懲戒解雇したと発表した。

 大学によると、男性研修医は8月16日夜、研修医室から同僚の女性研修医の手術着を盗み、自宅に持ち帰った。防犯カメラに持ち出す姿が写っていた。

 大山喬史学長は「高い倫理観が求められる医師としてふさわしくない行為。今後、このようなことのないよう指導に努める」とコメントした。 」


気持ち悪い事件です.
あるべき医師の姿とあまりにもかけはなれています.

医療には公共性があり,医師という専門的職業には「尊厳と責任」があります.
医師には一般の人以上に,高潔な人格が求められています.(これは弁護士も同じです.)
「医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。」とされています.あるべき医師の姿と,この医師の行為の落差があまりにも大きすぎます.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-10 02:55 | 医療