弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京地裁立川支部平成23年9月22日判決(産科事故)

b0206085_16303697.jpg朝日新聞「産婦人科医に賠償命令=新生児死亡で責任認定―東京地裁支部」(2011年9月22日)は,以下のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「出産を間近に控えた妻=当時(36)、中国籍=が体調不良を訴えたにもかかわらず、適切な処置を怠ったため妻と生後間もない次男が死亡したとして、中国残留孤児2世の男性(42)らが東京都国立市の産婦人科医らを相手に、約1億1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁立川支部であった。市川正巳裁判長は「早期に帝王切開していれば、次男は健康な状態で生まれてくることができた」として、医師らに計約4550万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性の妻は2005年1月28日朝から高熱や下痢、頭痛などの症状があり、劇症型感染症の疑いがあったが、産婦人科医はウィルス性胃腸炎と診断。その後、胎児の脈拍などを記録する「分娩(ぶんべん)監視装置」を妻に装着し、最高毎分190回超という異常な脈拍数を測定した際も、母体への酸素投与など必要な措置を取らなかった。

 次男はその約2時間後に仮死状態で生まれ、死亡しており、市川裁判長は「脈拍数を把握した時点で帝王切開をしていれば、次男の命は救えた」と認定した。」
 

分娩監視装置の胎児心拍基線は,110~160bpmが正常(整)脈で,本件は胎児頻脈の事案のように思われます.胎児頻脈の原因は,胎児低酸素症で,母体発熱等があり,総合的な判断を必要とします.
この判決の根拠は,胎児心拍モニターと具体的な臨床経過(劇症型感染症の疑いのある母体の状態)でしょう.
判決は,母体の感染症の事案等で参考になりますので,判例集に掲載されたら,熟読したいと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-23 16:21 | 医療事故・医療裁判