弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京地裁平成23年.9月28日判決(銀座眼科レーシック感染事件,業務上過失傷害罪で禁固2年)

b0206085_10243395.jpg

◆ 事案

銀座眼科元院長医師溝口朝雄さんは,平成20年9月から21年1月,医療器具の滅菌など基本的な注意義務を怠たり,レーシック手術を行い,患者7人に細菌性角膜炎を発症させました.患者には不正乱視などの後遺症が残りました.

◆ 判決

近藤宏子裁判官は,「単に面倒くさいといった理由から手術前の手洗いを怠ったり、経費を惜しんで取り換え式の刃を使い回したりした」「被害者は失明の恐怖にさいなまれ、人生を狂わされた。刑事責任は誠に重い」として,溝口朝雄さんに禁錮2年(求刑禁錮3年)の実刑判決を言い渡しました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

◆ 報道

msn産経「レーシック手術集団感染 銀座眼科元院長に禁錮2年判決 東京地裁」(平成23年9月28日)はつぎのとおり報じました.

近視矯正のレーシック手術で患者7人に感染症を発症させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(閉鎖、東京都中央区)元院長で医師、溝口朝雄被告(49)の判決公判が28日、東京地裁で開かれた。近藤宏子裁判官は「被害者は失明の恐怖にさいなまれ、人生を狂わされた。刑事責任は誠に重い」として、溝口被告に禁錮2年(求刑禁錮3年)を言い渡した。

 近藤裁判官は溝口被告が手術の際、刃の交換や手袋の装着を行わなかったことについて、「多額の負債を抱える中で経済的利益を優先させ、時間のかかる丁寧な洗浄や滅菌を怠るようになった」と指摘。「発症者が出た後も対策を講じず、約3カ月半にわたり被害を拡大させた」と非難した。

 判決によると、溝口被告は平成20年9月から21年1月、衛生管理を徹底せずにレーシック手術を行い、東京都内に住む男性ら20~50代の7人に細菌性角膜炎を発症させた。

 被害者弁護団によると、起訴内容に含まれなかった被害者は100人を超えるとされ、うち55人が溝口被告に計4億円以上の損害賠償を求め、東京地裁に提訴している。

 溝口被告は公判で「医師として社会復帰し、被害者への賠償に努めたい」と話していた。

 元患者らは判決後、厚生労働省に溝口被告の医師免許取り消しを求める要望書を提出。東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた会見で、元患者の加藤清香さん(30)は「手術時に手を洗うこともできない人に、医師が務まるのか」と怒りをあらわにしていた。


◆ 感想

医療過誤で実刑判決が確定したのは,造影剤誤投与事件の静岡地裁昭和39年11月11日判決,東京高裁昭和40年6月3日判決,塩化カリウム液ワンショット投与事件(宇治川病院事件)の京都地裁平成17年3月14日判決,京都地裁平成17年6月13日判決,大阪高裁平成18年2月2日判決くらいです.

本件は,基本的な注意義務を継続的に怠り,重大な結果を広汎に発生させたことなどを考えると,適正な判決と思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-29 06:12 | 医療事故・医療裁判