弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

有田市立病院でも筋弛緩剤エスラックス紛失

b0206085_4332239.jpg有田市立病院の薬局長は,9月28日午後4時ごろ,薬局内の冷蔵庫に保管していた筋弛緩剤1箱(エスラックス50ミリグラムが10本)が無くなっているのに気付いた,とのことです.
薬剤師の勤務時間中は冷蔵庫のある部屋に鍵をかけず,また冷蔵庫には鍵がついていなかったそうです.

msn産経「有田市立病院が筋弛緩剤紛失 最大30人分の致死量」(平成23年10月3日)ご参照

筋弛緩剤エスラックスは,毒薬に指定されています.

筋弛緩剤エスラックスの紛失は,頻繁に報道されています.
私の知る限り,今年で5件目です.

佐賀大学医学部付属病院で平成23年12月(但し公表は平成23年6月)に1本,
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センターで平成23年1月に10本,
独立行政法人国立病院機構千葉医療センターで平成23年9月に1本,
愛知厚生連海南病院で平成23年9月に1本,
それぞれ紛失しています.
そして,今回の有田市立病院です.

毒薬に指定されている薬剤の管理に隙がないか,見直してほしいと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-04 04:24 | 医療