弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

鎌ケ谷市でもワクチン誤接種

b0206085_22121552.jpg

千葉日報「1歳9カ月男児にワクチン誤接種 鎌ケ谷」(2011年10月5日)は,次のとおり報じています.

「鎌ケ谷市は4日、市が医療機関に委託し8月に行った定期予防接種で、同市に住む1歳9カ月の男児にワクチンの誤接種があったと発表した。男児に健康被害は確認されていないという。

 同市健康増進課によると、男児は8月22日に市内の医療機関を受診。麻しん・風しんの混合ワクチンの予防接種を受けるところを、看護師が保管用の冷蔵庫から間違えて取り出した日本脳炎ワクチンが接種された。

 接種後、すぐにミスに気付いた医師、看護師が保護者に謝罪したが市へ報告していなかった。」


全国で,ワクチン誤接種が頻繁に報じられています.
誤接種の件数は,報道をみる限り,今年は千葉県が一番多いようです.

本件のミスは,確認を行うルールを決め,そのルールを守れば,防止することができます.
健康被害がなくてよかったということではなく,本件のような確認のミスが起きている施設では,確認ルールが形骸化していることが示唆されます.ということは,異型輸血事故をはじめ確認のミスによる事故がおきる可能性があるということになると思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-05 22:08 | 医療