弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京高裁平成23年10月17日裁判上の和解(旧浦安市川市民病院の分娩時事故)

b0206085_2245713.jpg

毎日新聞「医療事故:分娩時に事故、賠償1000万円で和解--浦安市 /千葉」(2011年10月18日)は,次のとおり報じました.

「旧浦安市川市民病院で03年に出生した女児が、分娩(ぶんべん)時に重い障害を負った事故を巡って起きた訴訟について、浦安市は17日、東京高裁(三輪和雄裁判長)で和解が成立したことを明らかにした。市が女児側に計1000万円を賠償する内容。

 同市によると、女児は03年1月に同病院で出生したが、脳性まひによって重度障害を負った。両親は、医師らが胎児の心拍数などがわかる装置を準備せず、帝王切開への切り替えを怠ったなどと病院側の過失を訴えていた。女児は自力歩行できず、食事や排せつなども介助が必要という。

 昨年10月の1審・東京地裁判決は女児側の請求を退けたが、控訴審で三輪裁判長は8月、和解を勧告していた。

 同病院は、浦安市市川市病院組合が運営していたが、09年に民営化され、訴訟は浦安市が引き継いでいた。【野口由紀】」


2003年の事故が高裁で2011年に裁判上の和解となったわけですが,地裁では和解できなかったのでしょうか?

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-19 02:18 | 医療事故・医療裁判