弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

国立病院機構高崎総合医療センター,腎臓がんの手術ミスの疑いで捜査

b0206085_1954171.jpg

読売新聞「腎臓がん手術で他臓器も切除、患者2か月後死亡」(2011年10月19日)は,次のとおり報じています.

「国立病院機構高崎総合医療センター(群馬県高崎市高松町)で8月に腎臓がんの手術を受けた80歳代の男性患者が、他の臓器も切除され、2か月後に死亡していたことが18日、わかった。

 病院側は医療ミスの可能性があるとして8月に高崎署に届け出ていた。同署で業務上過失傷害容疑などの可能性もあるとして調べている。

 病院などによると、男性は8月3日に開腹手術を受けた際、腎臓に癒着していた他の臓器の一部も切除された。病院は同月、外部有識者も入れた臨時の医療安全委員会を開催。その結果、手術にミスがあった可能性があるとして、執刀した男性医師を当面、診療行為から外すことを決めるとともに、内規に従って同署に届け出た。患者は10月13日に死亡した。

 病院の魚住三郎事務部長は「遺族には賠償の必要があれば誠意を持って対応したい。警察の捜査結果を待って、公表なども判断したい」と話している。」


診療行為に関連して医師に過誤があればすべて業務上過失傷害,業務上過失致死になるというわけではありませんが,刑事手続きに付すること自体がNGという考えは一方的です.本件のようなケースは刑事手続きの中で正しい判断がなされることが必要と思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-19 19:46 | 医療事故・医療裁判