弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

米国4議員,日本とのTPP交渉に慎重意見

b0206085_8542782.jpg

米下院歳入委員会と上院財政委員会の幹部を務める超党派議員4人は,2011年11月8日,日本が今週環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する意向を表明した場合、議会との事前協議なく早急に決断することがないよう,米通商代表部のロン・カーク代表に宛てて要請書を送りました.

ロイター「「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請」(2011年 11月 9日)は,以下のとおり報じています.

議員らは「日本が交渉に参加すればTPP交渉に新たな次元と複雑性が加わることになる。このため(米政府に対し)いかなる決断も下す前に連邦議会その他の関係者に相談するよう強く求める」と要請した。

 その理由として、同書簡は「日本は長い間、国内市場を意味のある競争から保護してきた」と指摘し、米国は日本政府が本気で市場を開放し、米自由貿易協定(FTA)が求める高い水準を満たす用意があるのかを十分確認する必要があるとしている。」


日本では,民主党が,TPPのPTで,交渉参加への慎重意見が強かったことを明記し政府に対し慎重に判断するよう求めるだけで,政府が判断すること自体は認めることで決着がつきました.これで,まもなく,日本政府は,TPP参加を表明するでしょう.

日本がTPPに参加し,医療分野に自由競争が持ち込まれると,混合診療が解禁となり,保険制度が崩壊するでしょう.自由競争部分が大きくなると,保険部分が切り詰められるのは必然です.
医療分野に自由競争が持ち込まれることで利益を享受する企業があることは事実ですが,大半の国民にとっては不利益のほうが大きいでしょう.
TPP参加は,禍根を残すことになります.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-10 02:31 | 医療