弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

済生会山口総合病院,機械弁に置換する際の出血事故で裁判上の和解成立

b0206085_0272762.jpg

毎日新聞「損賠訴訟:心臓手術で死亡 済生会と遺族、和解が成立 /山口」(平成23年11月19日)は,次のとおり報じています.

「山口市の済生会山口総合病院で05年、心臓の手術を受けて死亡した萩市の男性(当時62歳)の遺族が、「出血させず人工弁を置換する義務を怠った」などとして、社会福祉法人恩賜財団済生会(東京都)に約5570万円の損害賠償を求めた訴訟の和解協議が8日、山口地裁(山本善彦裁判長)であり、済生会側が遺族に解決金を支払うことで和解が成立した。解決金の額は明らかにされていない。

 訴状によると、男性は05年2月に入院。大動脈弁狭さく症、僧帽弁狭さく症と診断され、医師から「手術の危険性は3~5%。2週間もすれば退院できるようになる」と説明を受けた。3月1日に手術を受けたが、機械弁に置換する際に出血。2日に重症心不全で亡くなった。」


説明義務が争われ,最高裁平成20年4月24日判決で破棄差し戻しとなった事案が有名ですが,本件は,地裁で裁判上の和解ができてよかったと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-10 17:57 | 医療事故・医療裁判