弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

薬害イレッサ,東京高裁(園尾隆司裁判長)で逆転敗訴

b0206085_4272952.jpg東京高裁(園尾隆司裁判長)は,11月15日,国とアストラゼネカ社の責任を認めた東京地裁判決を取り消し,請求棄却判決を下しました.
企業の責任を否定したのには驚きました.アストラゼネカ社もびっくりしたことでしょう.
控訴審では,新しい主張,証拠の提出はほとんどなく,裁判官の違いが,結論の違いを導いたように思います.

園尾隆司判事は,いろいろと有名な方で,宇都宮地方裁判所の所長だったときに,自分が担当ではない裁判に,実質4人目の裁判官として,形式的には「書記官の補助者」として,かかわり発問するなどして,問題になったことがあります。栃木県弁護士会は,東京高裁に,裁判官分限法に基づく懲戒処分を求めました.園尾隆司判事は,下級裁判所事務処理規則に基づき厳重注意を受けました.

東大落研出身で,話は上手なのですが.

ただ,どのような判事でも,判決は1人歩きしますので,薬害イレッサ事件の解決は遠のいた感じがあります.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-11-15 15:48 | 医療事故・医療裁判