弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

米国,糖尿病治療薬アクトスのぼうこうがんリスクで1万件の訴訟になる可能性

b0206085_1249162.jpg

ブルームバーグ「武田薬、1万件の訴訟に直面も-「アクトス」のぼうこうがんリスクで」(2011年12月1日)は,次のとおり報じています.

「ニューヨークの弁護士、ポール・ペノック氏は、アクトス服用とぼうこうがん発症に関連性があるという証拠は「著しく強力かつ明白だ」と電話インタビューで述べた。同氏の法律事務所ワイツ・アンド・ルクセンバーグは、アクトス元服用者1200人の依頼人を抱えており、訴訟件数は合計1万件になる可能性がある。同氏は「アクトスについて毎日電話がかかってきている」と述べた。」

1万件は,米国でも大変な数です.
この米国の動きと対比すると,日本の厚生省のアクトスへの対応は明らかに緩すぎではないでしょうか.
 
谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-02 09:31 | 医療事故・医療裁判