弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

平成22年(2010年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況

b0206085_8482361.jpg厚生労働省のサイトに,「平成22年(2010年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」が掲載されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


医師数は,8,350人,2.9%増ですが.まだ不足のように思います.

医師の平均年齢の年次推移は,近年,病院では上昇傾向が続いています.診療所では近年横ばい傾向でしたが,平成22年は前回に比べ上昇しています.このままでは医師の高齢化が予測されますので,若い医師を育成する必要があるでしょう.

また,医師の偏在は解消されていません.

以下抜粋しご紹介します.

◆ 医師・歯科医師・薬剤師の数 

医師数 295,049人(前回に比べ 8,350人,2.9%増)
歯科医師数 101,576人(同 2,150人,2.2%増) 
薬剤師数 276,517人(同 8,766人,3.3%増) 

◆ 主たる診療科名が「小児科」「産婦人科・産科」「外科(※)」の医師数 

「小児科」 15,870人(前回に比べ 634人,4.2%増) 
「産婦人科・産科」 10,652人(同 263人,2.5%増) 
「外科(※)」 27,820 人(同 295人,1.1%増)

※外科,呼吸器外科,心臓血管外科,乳腺外科,気管食道外科,消化器外科(胃腸外科),肛門外科,小児外科をいう. 

◆ 「小児科」「産婦人科・産科」「外科」に従事する医師数

「小児科」は鳥取県が143.7人と最も多く,茨城県が62.3人と最も少ない。「産婦人科・産科」は島根県が54.8人と最も多く,埼玉県が28.0人と最も少ない。「外科」は長崎県が32.7人と最も多く,埼玉県が13.7人と最も少ない. 

◆ 人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数 

全国では219.0人で,前回に比べ6.1人の増 
最も多いのは京都府(286.2人),次いで東京都(285.4人),徳島県(283.0人) 
最も少ないのは埼玉県(142.6人),次いで茨城県(158.0人),千葉県(164.3人)

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-07 01:00 | 医療