弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

薬害イレッサ,「専門医だから危険性を認識できた」は空理空論

b0206085_12375293.jpg薬害イレッサ東京高裁判決が「専門医だから危険性を認識できた」としたことについて,今日の読売新聞は,「一連の問題の実態を見えにくくする恐れがある。」と書いています.

読売新聞「イレッサ副作用問題 「再発防止」国・企業に責任」(2011年12月7日) は,次のとおり記載しています.

「イレッサは、「副作用が少ない」との評判が高まり、メディアを通じ一般にも広まった。同社は2002年の販売開始に当たり、すべての使用患者を追跡調査したり、医療機関を絞ったりといった安全対策をとらず、国も慎重な対策を義務づける承認条件を付けなかった。その結果、抗がん剤に詳しくない医師も含め、爆発的に使用が拡大、副作用死が相次いだとみられる。」

 「呼吸器外科医として肺がん治療を行ってきた大学病院医師は「当初、イレッサの副作用については全く深刻に考えていなかった。大問題になって認識を改めた」と語っている。」

 「取材に応じた開発担当の元社員は「治験で非常に効果があり副作用もない症例が出て、舞い上がってしまった」と社内のムードを明かし、「会社も国も被害拡大を防げなかった責任を自覚し、反省すべきだ。特に、使用患者を把握できる体制をとっていなかったことは責められても仕方がない」と振り返る。安全担当だった別の元社員も「担当者の一人として責任を感じる。国から厳しい承認条件をつけられなかったこともあり、安全性に対し油断があった」と、国の対応の甘さが企業の姿勢に大きな影響を与えたと証言している。」

 「判決後、小宮山厚生労働相は「判決内容にかかわらず、インフォームドコンセントの徹底、医薬品安全対策の強化、抗がん剤による健康被害救済の検討など政策課題は確実に実行したい」と述べた。この言葉を表向きだけに終わらせず、具体策に結実させてほしい。」


この読売新聞の記事は,「メディアを通じ一般にも広まった」ことを率直に認めています.
関係者の話は,夢の新薬に浮かれていた当時の雰囲気をよく伝えています.
こうしてみると,「専門医だから危険性を認識できた」とする薬害イレッサ東京高裁判決が現実離れした空理空論であることが改めてわかります.

小宮山厚生労働相が意欲を示している「抗がん剤による健康被害救済の検討」について森島昭夫名古屋大学名誉教授が12月5日の会議で「少なくても現在の医薬品副作用被害救済制度を延長して,抗がん剤に当てはめるのはかなり難しいのではないか」との見通しを示したと一部で報じられていますが,だから何もできないというのではなく,抗がん剤等についても救済制度は必要だ,というコンセンサスはできていると思います.
 
谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-07 11:26 | 医療事故・医療裁判