弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

16日の医薬品等制度改正検討部会,薬害の発生・拡大を防止する「第三者組織」を創設できるかの瀬戸際です.

b0206085_2332065.jpg「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」は,2010年4月28日に2年間にわたる討議の成果を「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて(最終提言)」にまとめました.
この「最終提言」は,薬害の発生及び拡大を未然に防止するため,「第三者監視・評価組織」の創設が必要である,としています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

ところが,今,その「第三者組織」が,「厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会」で,監視・評価機能を果たすことが到底できない,骨抜きのものにさせられようとしています.

2011年11月16日の「第8回厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会」で,危惧を抱いた坂田委員は,次のとおり述べました.

「今日、ほとんどの検証委員会の元委員から意見書が、参考資料5として配付されました。この意見書には私たちの思いがすべて書いてあります。ほとんどの委員の方々が名前を連ねているということは、どういうことかお分かりでしょうか。それだけ今の事務局の考えている案では、薬害が防止できないと危惧しているからです。」

「第三者組織」の問題は,時間の関係で,第9回に持ち越しになりました.
2011年12月16日の「第9回厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会」傍聴の申し込みは,明日12月14日までです.⇒ コチラ
どのようにとりまとめられるのか,注目です.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-13 23:38 | 医療