弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

看護師が,強い睡眠薬を飲んで就寝していた入院患者にわいせつな行為をした疑いで書類送検

b0206085_1043107.jpg熊本県宇城市にある精神科病院の看護師(男性)が,2011年5月上旬、夜勤当直の際、重度のうつ病で入院中の患者(20代女性)が病室で寝ているところを起こし、トイレに連れ込んでわいせつな行為をした疑いで,同年9月に県警宇城署から書類送検されていたことが報じられています.
病院は看護師を懲戒解雇にしている,とのことです.
          
朝日新聞「看護師が入院女性に強制わいせつ容疑 熊本の精神科病院」(2011年12月22日)ご参照

刑法第176条は,「13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。」と定めています.これが強制わいせつ罪です.
第178条は,「人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。」と定めています.これが準強制わいせつ罪です.

患者が13歳以上ですから,わいせつな行為の有無だけではなく,暴行又は脅迫を用いたか,抗拒不能に乗じたか,がポイントになります.
起訴には,患者の供述に公判を維持できるだけの十分な信用性があるのか,が検討されます.

看護師がこのようなことをする筈はないと思うのですが,患者が虚偽を述べる理由もなく,もしこれが事実とすると大変なことです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-23 04:59 | 医療