弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の豊胸バッグは日本でも販売されていました

b0206085_1015162.jpg

時事通信「豊胸バッグ「除去」勧告=破れる恐れ、日本でも販売―仏」(2011年12月23日)は,次のとおり報じています.

「【パリ時事】フランスの企業が製造していたシリコーン入りの豊胸バッグが体内で破れる恐れがあるとして、仏保健省は23日、除去手術を受けるよう勧告した。対象は仏国内だけで約3万人に上るとみられるが、AFP通信によれば、日本を含む65カ国以上で販売されていたという。
 問題のバッグは、昨年倒産し清算手続き中のポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社が製造。医療用でない工業用シリコーンを使い、発がん性を指摘する声も出ていた。
 保健省は声明で、このバッグを使用した女性が「他の女性と比べ発がんリスクが高いわけではない」としながらも、体内で破れて炎症を起こす恐れがあるため、予防措置として除去を勧告した。」


ポリ・アンプラン・プロテーズ(Poly Implant Prothese、PIP)社のシリコン豊胸バッグは世界3位のシェアを有し,30万人近くの使用者がいると推測されています.
ところが,破裂率が高く,未認可のシリコンジェルを使用していたため,昨年製造禁止となっています.

日本の当局は,まだ何も対処していません.

【追記】

⇒「ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の豊胸バッグ,仏,チェコに続き独でも摘出手術勧告.日本は?」

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-12-25 09:07 | 医療