弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

少量のニコチンで記憶力がアップするという報告

b0206085_849478.jpg少量のニコチンで高齢者の記憶力がアップするという報告が報じられていましたが,これは,喫煙にも良いことがある,という意味ではありません.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

AFP「少量のニコチン、高齢者の記憶力回復に効果 米研究論文」(2012年1月12日)は,次のとおり報じました.

「バンダービルト大学(Vanderbilt University)メディカルセンターの研究チームは、平均年齢76歳で軽度の記憶力低下がある非喫煙者74人(元喫煙者を含む)を2つのグループに分け、それぞれニコチンパッチとプラセボ(偽薬)パッチをつけてもらい、約6か月間にわたって調査を行った。

 その結果、注意力や記憶力、さらには物事に対する理解の速度や確実性といった認識能力テストで、ニコチンパッチを付けたグループの方が、より優れた結果がみられたという。

 さらに調査開始から6か月後、長期記憶を調べたところ、ニコチンパッチを付けたグループでは約46%の回復がみられた一方、プラセボパッチを付けたグループでは約26%の減退がみられた。」


ニコチンから記憶力低下に対する薬剤を作ることができるかもしれない,という趣旨の報告です.
ニコチンには,依存性があり,害作用もあります.安全に長期使用できる量はこれからの検討課題です.

この記事が一般に広まって,一部で,タバコを吸うと記憶力がアップするという早飲み込みがあるようです.

しかし,この報告は,タバコ喫煙で吸収されるニコチンの量でテストしたものではありません.
研究チームのポール・ニューハウス教授によると,高齢者が喫煙することは推奨しない,とのことです.
タバコには,ニコチン以外の物質も含まれ,タバコ喫煙は発がん物質を体内に取り込むことになります.ニコチンの薬理作用を期待して,タバコ喫煙を行うということは,明らかに有害性のほうが大きいのです.

なお,ニコチンは薬理作用のある物質で,ニコチンを含むという1点だけでも,タバコは薬事法の規制下におかれるべきです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-19 21:35 | 医療