弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京女子医科大学附属八千代医療センター,患者個人情報が記録されたノートパソコン紛失

b0206085_13432175.jpg
東京女子医科大学附属八千代医療センターの医師は,平成 20 年5 月~平成22 年7 月までの期間における入院患者104 名分の,氏名,患者番号,生年月日,住所(○○市まで)と転院先医療機関が記録されていたノートパソコン(医師個人の所有)を紛失しました.
紛失に気づいたのは2012年1月27日とのことです.
ノートパソコンにはパスワードが設定されているそうです.

当院医師による個人情報の紛失について」ご参照

Security NEXT 「患者情報含む医師の私用PCが所在不明 - 東京女子医科大」(2012年2月7日)ご参照

昨年6月以降,患者個人情報の入った,USBメモリーや外付けハードディスク,ノートパソコンの紛失事故は,以下の施設で起きています.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

8月
筑波メディカルセンター病院

9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院

11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-02-07 23:48 | 医療