弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

釧路赤十字病院,市立根室病院で常勤麻酔科医が不在に

b0206085_18223584.jpg釧路新聞「常勤麻酔科医が不在に/釧路赤十字病院」(2012年3月7日)は,次のとおり報じています.

「旭川医科大学が3月末をめどに、釧路赤十字病院(二瓶和喜院長、489床)に対し、常勤の麻酔科医の派遣打ち切りを通告していたことが6日、分かった。同院の麻酔科はこれまで常勤2人と非常勤2人の計4人で運営されていたが、派遣打ち切りに伴い非常勤3人態勢に改められる。また、市立根室病院(東浦勝浩院長、131床)でも常勤の麻酔科医が3月末で退職。4月からは現状の2人態勢から非常勤1人のみの態勢となる。」

常勤麻酔科医がいないということは,緊急手術ができない,ということを意味します.
旭川医科大学も札幌医科大学と同様に女性医師が増えて,出産等の事情で麻酔科医を派遣できなくなったのではないかと思います.
麻酔科医師の女性比率は他科より高く,前と同じ人数では,このような事態になることはわかっていたはずです.
対応(麻酔科医の増員)が後手に回ったためではないでしょうか.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-09 05:01 | 医療