弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

溝口訴訟,支援者,県の上告に抗議して座り込む

b0206085_13584553.jpg熊本県の水俣病認定申請棄却処分取り消しと認定義務付けを求めた水俣病溝口訴訟は,福岡高裁で患者側の逆転勝訴となりました.

溝口訴訟,福岡高裁平成24年2月27日患者側逆転勝訴判決」ご参照

ところが,熊本県は,2012年3月8日,溝口チエさんを水俣病と認めるよう,熊本県に命じた福岡高裁平成24年2月27日判決を不服として最高裁に上告しました.
非科学的な認定基準を墨守し,あくまで争う熊本県と,その背後の国の姿勢は,誠に遺憾です.
支援者ら約30人は,2012年3月12日,上告に抗議して座り込みを行いました.

読売新聞「水俣病訴訟で県の上告に対し、原告支援者らが抗議の座り込み」(2012年3月13日)は,次のとおり報じています.

「水俣病の患者認定を巡り、国の基準を満たさない溝口チエさん(1977年に死去)を認定するよう県に命じた福岡高裁判決を不服として県が上告したことを受け、チエさんの次男で原告の秋生さん(80)を支援する人たち約30人が12日、水俣市役所前で抗議の座り込みを行った。

 「水俣の暮らしを守る・みんなの会」(坂本龍虹代表)や「水俣病被害者互助会」(水俣市)のメンバーたち。「熊本県の上告に抗議」「溝口秋生さんガンバレ」などと書いた布を掲げて、市役所前を通行する車両などに訴えた。

 みんなの会の山下善寛事務局長は「上告は水俣病問題の解決を遅らせることになり、患者や市民のためにならない。市も上告しないよう県に働きかけるべきだった」と行政の対応を批判した。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.下記バナーを1日1回クリックお願いします.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-14 01:48 | 司法