弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療版事故調,医療過誤原告の会,3月17日,名古屋桜華会館で講演会

b0206085_14284981.jpg

朝日新聞「医療版事故調 あり方考える ●あす中区で講演会」(2012年3月16日)は次のとおり報じています.

「医療事故の原因究明にあたる新たな組織のあり方を考える講演会が17日、名古屋市中区三の丸1丁目の桜華会館で開かれる。医療事故の被害者や医療過誤訴訟にかかわる弁護士が、医療事故調査機関(医療版事故調)の設立を求める立場から講演する。
 医師や弁護士らで作る全国組織「医療事故情報センター」(名古屋市)の堀康司弁護士が、諸外国で医療事故が起きた際の対応について話す。また、医療過誤で息子が脳に重い障害を負った春日井市の稲垣克巳さんが体験を通じて医療版事故調の必要性を説く。
 主催する「医療過誤原告の会」の中部地区代表の森永泰彦さん(66)は「医療訴訟では被害者側が立証しなければならないが、医療側から資料を引き出すことすら難しい」と話す。
 医療版事故調をめぐっては、2008年に厚生労働省が創設案をまとめた。しかし、警察への通報義務をめぐり医療界の一部が反発。政権交代後、具体化に向けた動きはなかったが、国は今年2月から原因究明をする組織のあり方をめぐる議論を再開させた。
 講演は午後1時15分からで、無料。問い合わせは森永さん(090・8076・3438)。」


医療過誤原告の会のサイトによると,以下のとおりです.

日時 3月17日(土)13:15~16:30
場所 桜華会館 052-201-8076  部屋名 八重桜(定員30名)  
   名古屋市中区三の丸一丁目7番2(名古屋地裁向)
   最寄駅、丸の内、または市役所
① 挨拶 13:15~13:20 森永中部地区代表 
② 情勢・原告の会活動報告 13:20~13:40 宮脇会長
③ 講演 諸外国の医療事故対応の動向 13:40~14:30 堀 康司弁護士
④ 講演 医療の安全を願って 14:30~15:15 稲垣克巳氏 
⑤ 休憩 15:15~15:25
⑥ 会員の体験交流・相談 15:25~16:30
参加費 無料
連絡先 森永(090-8076-3438)、清水(080-3068-5183)

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-16 13:14 | 医療事故・医療裁判