弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

慶應義塾大学医学部教授と専任講師(呼吸器外科),臨床研究のために患者31人から無断で骨髄液を採取

b0206085_21194493.jpg慶應義塾大学医学部教授(呼吸器外科,50歳代)と専任講師(同,40歳代)が,肺がんの幹細胞に関する臨床研究(当時,倫理委員会の承認なし.採取後承認.)を企図して,患者本人の同意を得ることなく,昨年秋ごろ,手術中,少なくとも31人の患者から,骨髄液を採取していたことが報じられています.

毎日新聞「慶応大医学部教授:無断で骨髄液採取…複数がん患者らから」(2012年3月19日)ご参照

近年,日本では,患者は臨床研究の材料にされることを望まない患者が多いため,臨床研究の実施が難しい状況にあります.
本件は,慶應義塾大学医学部教授らが,そのような状況のなかで,研究熱心のあまり,行ってしまったことなのでしょうが,明らかに患者の権利を侵害するもので,許されることではありません.
もし,慶應義塾大学医学部に,臨床より研究を優先する風潮があるとしたら,きわめて問題です.
徹底的に事実を調査し,明らかにしていただきたい,と思います.

【追記】
毎日新聞「骨髄液無断採取:がん患者ら31人から 慶大教授処分へ」(2012年3月20日)によれば,「学部の倫理委員会に申請する前の昨年10月24日から、肺がんの手術を行う40~84歳の患者26人に対し、事前の説明や同意のないまま、肋骨(ろっこつ)から骨髄液2CCを採取していた。さらに、「比較するデータが必要」として、がんでない患者5人から無断で手術中に骨髄液を採取。他に手術で切除された肋骨の断片からも骨髄液を採取していた」とのことです.

倫理指針に違反した臨床研究について(お詫びとご報告)」ご参照

「(1)骨髄液を採取された患者さんに対し、本臨床研究に関するご説明と、同意を取らずに末梢血、骨髄液を採取したことについての謝罪を、担当医師を通じて行いました。
(2)今回の臨床研究を含め、呼吸器外科から申請され承認されている、全ての臨床研究の停止を命じました。
(3)「肺癌における末梢血中癌細胞検出に関する臨床研究」について、全ての患者さんに対して事前に研究内容をご説明し、同意を頂いていたかについて確認中です。」
とのことです.

1)教授らはどうしてこんなことをしたのか(動機,背景,経緯),2)大規模な大学病院でこんなことがどうして可能だったのか,3)どうすれば今後再発を防止できるのか(再発防止策を3点あげていますが,それで十分でしょうか.),等をさらに調査し報告いただきたいと思います.


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-19 17:59 | 医療