弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

合衆国最高裁判所が医療保険制度改革法に違憲判断を下す,と予測されています

b0206085_11324044.jpg合衆国最高裁判所(USSC,United States Supreme Court)は,医療保険制度改革法を違憲と判断するとみられています.
USSCは,Chief Justiceと8人のAssociate Justicesで構成されますが,現在,共和党の大統領が指名した判事が5人,民主党の大統領が指名した判事が4人で,勢力が拮抗しています.

ロナルド・レーガン大統領が指名したアンソニー・M・ケネディ(Anthony M. Kennedy)判事は,ときに,民主党が指名した判事らに同調することがあり,中間派としてキャスティング・ヴォートを握ることが多くなっています.

そのアンソニー・M・ケネディ判事は,医療保険制度改革法を違憲と考えている,とみられていますので,USSCは5対4で医療保険制度改革法を違憲と判断する,と観測されています.

そうしますと,民主党大統領が指名したユダヤ系の女性判事らが少数意見を書くことになるでしょう.
違憲判決は,オバマ大統領の医療改革に大きな影響を及ぼすでしょう.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-29 01:17 | 医療