弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

秋田大学医学部,2教授を処分

b0206085_19484951.jpg毎日新聞「秋田大:医学部教授を処分へ 経費二重取りの疑いで--評議会 /秋田」(2012年3月29日)は,次のとおり報じています.

「秋田大は28日、臨時教育研究評議会を開き、同大医学部の60代教授が06年から10年までの間に、出張旅費請求▽講演等の兼業届▽奨学寄付金の使用--について、大学の就業規則に反したとして懲戒処分する方針を固めた。【坂本太郎】

 同教授は、出張先の主催者から交通費を受け取ったにもかかわらず大学にも旅費を請求して二重に受け取るなどした疑いが指摘されたため、同大が昨年12月に調査委員会を設立。調査委は教授や関係者に事情聴取するなどして調査報告書をとりまとめ、評議会で報告された。同大は報告書の詳細を明らかにしていない。同大は評議会の内容を教授に伝え、4月10日まで異議申し立てを受け付ける。

 また、同大は別の60代医学部教授が県内の民間病院への医師派遣の見返りに現金を受け取ったとされる問題で、学内の就業規則と倫理規定に反したとして28日付でこの教授を停職1カ月の懲戒処分としたことも明らかにした。同大によると、教授は06年12月21日に由利本荘市の民間病院院長から現金100万円を受け取った。同教授は「奨学寄付金という認識だった」と主張したが、正式な手続きをせず、現金を使用する際も記録や領収書を残さないなど、処理が適正でなかった。

 同大の熊田亮介副学長は2件の懲戒事案について「大変申し訳ないと思っている」と述べ、来年度のできるだけ早い時期に再発防止策をまとめる考えを示した。」


前者の教授については,処分は確定ではありません.
後者の教授については,100万円を受領の趣旨が,医師派遣の見返り,つまり賄賂なのかかが立証困難として,検察は不起訴としていますが,大学の処分は,刑事手続きとは別です.
再発防止に期待します.

【追記】

河北新報「旅費二重取り問題の秋田大教授 学外での兼業500回以上」(2012年3月30日)は,次のとおり報じています.
 
「秋田大医学部の60代男性教授が旅費を二重に受け取ったとされる問題で、教授が2006~10年度、同大以外で働く兼業を秋田県内の病院で計500回以上、合計で4000万円を超える報酬を受け取っていた可能性が高いことが、29日分かった。
 複数の病院で同時刻に働く重複を調べた大学の調査委員会も、兼業の多さを問題視。調査委の報告を受けた同大は12年度、教授を含む各学部の幹部を対象に年間の兼業の報酬に、上限を設ける方針を決めた。
 教授の代理人の弁護士が報道関係者に配った資料や大学関係者によると、教授は5年間、県内7病院で患者を診療したり、病院の医師を指導したりするなどした。各病院で8~186回非常勤医師として勤務し、1回8万~10万円の報酬を受け取ったとみられる。
 中には1日3病院の兼業を掛け持ちしたケースも判明。07年4月6日、午前9時半から潟上市の病院で勤務し、午前11時10分から秋田市の病院で勤務。午後1時半からは由利本荘市の病院で患者を診察したという。3病院とも教授が勤務したことを認めている。報酬は合わせて約25万円。
 教授が兼業している病院は「忙しいと思い、患者を減らして対応している。まさか掛け持ちまでして兼業しているとは思わなかった」と驚く。別の病院は「来てもらっても患者が少ないから、病院にとっては赤字。本当は兼業を断りたい」と打ち明ける。
 こうした実態を踏まえ、吉村昇学長は「各学部の幹部クラスには、大学の業務に力を入れてもらう必要がある」と強調。兼業の報酬に上限を設ける考えを示している。」


【再追記】

読売新聞「秋大病院長旅費不正で処分 停職1か月 本人「重すぎる」(2012年4月12日)は,次のとおり,報じました.

「秋田大学は11日、同大医学部付属病院の××××病院長(61)が2007年6月~08年10月の出張5件で、同大から旅費計約45万円を不正に受給したとして、停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、××氏は出張で関西空港から新大阪駅までタクシーに乗った際、製薬会社からもらったタクシーチケットを使ったにもかかわらず、同大に鉄道を利用したと申請し、鉄道運賃を受給した。教職員3人を連れて自分の親族の葬儀に参加した際は、他大学との研究打ち合わせに参加するためとして旅費を受給していた。

 同大では、出張後に原則領収書を付けて旅費精算請求書を提出することになっているが、茆原氏は普段から領収書を添付していなかったという。

 同大は匿名の情報提供があったことなどから、昨年12月、学内に調査委員会を設置し、関係者からの聞き取りなどを実施。不正受給があったと認定し、就業規則に基づいて先月、××氏に処分内容を伝えた。××氏は今月6日、「手続き上のことで故意ではなく、金額も多額ではない。処分は重すぎる」と申し立てていた。

 同大は11日の教育研究評議会で検討し、「処分を覆すような問題提起ではない」として処分を決定した。同大は××氏に不正受給額の返還を求めるという。

 同大の熊田亮介副学長は「大学の名誉を傷つけ、信用を失墜させる行為で許されるものではない。再発防止のため、必要な措置を講じたい」と話した。」


【再々追記】

読売新聞「教授を諭旨退職…秋田大付属病院で検査機器不正導入」(2012年11月15日)は,次のとおり報じました.

「秋田大学医学部付属病院(秋田市)の中央検査部が検査機器を不正導入したとされる問題で、同大は14日、同学部医学系研究科の××××教授(62)が、同機器を不正に導入した上、パワーハラスメント行為をしていたとして、××教授を諭旨退職の懲戒処分にすることを決めた。定例の教育研究評議会で、「大学の名誉を傷つけ、信用を失墜させた」として処分を決め、記者会見で発表した。

 同大で現職教授への諭旨退職処分の決定は初めて。××教授から28日までに異議申し立てがない場合、再度評議会を開き、処分を確定する。

 発表によると、××教授は、同病院の中央検査部長だった2008年、国費を財源とする貸付金で、貸し付け条件外の動物用実験機器などを導入した。この機器を含むシステム全体は、約4億5000万円だった。また、××教授は大学職員2人に対し、2年以上にわたって同僚の前で侮辱したほか、私用で外出する際に車で送迎させ、精神疾患にさせた、としている。

 ××教授は「処分を厳粛に受け止めている」とのコメントを出し、同機器の不正導入について、「客観的事実に間違いはない。ただ、研究・発展に必要不可欠なもの」とした。パワハラ行為は「指導監督の行為で齟齬(そご)があり残念。事実認定の一部に争いがあり、異議申し立てを慎重に検討する」とした。

 同大は、不正導入で生じる違約金について、××教授への賠償請求も検討している。」

【再々々追記】

河北新報「旅費二重取り 前付属病院長を諭旨退職処分 秋田大」(2012年12月01日)は,次のとおり報じました.

秋田大は30日、医学部付属病院前中央検査部長の男性教授(61)を諭旨退職処分とした。10日以内に退職しない場合は懲戒解雇とする。
 大学によると、前部長が選定、導入に関わった診療用システムに目的外の機器が含まれていた問題や部下2人へのパワーハラスメント行為を処分の理由とした。
 前部長は付属病院の前院長で、ことし4月、旅費を二重に受け取っていたなどとして停職1カ月の懲戒処分を受けている。
 吉村昇学長は「極めて遺憾。業務の公共性および透明性を確保し、信頼回復に努める」とのコメントを出した。」


谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-29 23:33 | 医療