弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

平成24年3月26日横浜地裁判決,横浜市立大学医学部教授に121万円の賠償を命じる

b0206085_19432100.jpgスポニチ「横浜市大教授に賠償命令 学生に土下座させ暴行」(2012年3月26日)は,次のとおり報じています.

「横浜市立大医学部の男子学生が50代の男性教授から「女子学生にストーカー行為をしている。おまえは犯罪者だ」などと罵倒されて土下座を命じられ、頭を足で踏み付けられたとして、330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、横浜地裁は26日、教授に121万円の支払いを命じた。

 内田貴文裁判官は判決理由で「十分な裏付けをせずに一方的に犯罪者呼ばわりした上、暴行したのは悪質。落ち度のない学生が、教授という影響力のある立場の者から、退学などと罵倒された精神的打撃は甚大だったと推察される」と述べた。

 判決によると、教授は女子学生から嫌がらせの相談を受け、うわさ話から当時2年だった原告の学生がストーカー行為をしたと思い込み、2011年2月、他の学生がいる学期末試験会場で「おまえは犯罪者だ」などと発言。その後、教授室で学生を土下座させ、頭を踏み付けるなどした。

 男子学生はストーカー行為について事実無根で、精神的苦痛を受けたとして同3月、大学のハラスメント防止委員会に被害を申し出た。大学は同7月、教授を停職3カ月の懲戒処分にした。 」


教授は,横浜簡裁で,名誉毀損と暴行の罪で罰金50万円に処せられています.
121万円は安い気がしますが,今回の判決は,さらに停職3カ月の懲戒処分にされていることも考慮し,この程度の賠償額に減じているわけです.

教授が事実を確認しないで学生をストーカーと軽率に誤信したこと,教授が正規な手続きを践んでいないこと,教授の行為は本当のストーカーに対してでも違法な行為にあたることを考えれば,判決は当然と思います.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-03-31 00:41 | 司法